大切なロレックスをオーバーホールすればずっと使える

正規代理店で行っています

男性

性能維持に必須です

ロレックスを良好な状態で保つためにはオーバーホールが大切です。このオーバーホールは3年ごとに行うことが望ましいとされており、定期的なメンテナンスを行うことで時計油の劣化や摩耗からパーツを守ることができます。ロレックスのオーバーホールは正規代理店で行っています。ロレックスユーザーの方で購入からまだ一度もメンテナンスを受けていない場合は、内部のメカニズムに負担がかかる前にオーバーホールを実施するようにしましょう。オーバーホールでは部品をすべて分解して徹底したメンテナンスを行います。正規代理店ではユーザーから預かった時計を入念にチェックし、ブレスレットやベゼルを専用の工具を使って慎重に取り外すところから作業を始めます。次は裏蓋を外してオイスターケースから慎重にムーブメントを取り出し、高い技術力を持つ時計士が一つ一つのパーツごとに分解作業を行います。すべてのパーツを分解した後は専用の機器や測定器を使用してパーツのチェックを行い、必要があれば新しいパーツへと交換する作業を行います。またブレスレットやオイスターケースに傷がみられる場合は、研磨作業を行ってロレックス本来のツヤと輝きを取り戻すことも行われます。すべてのメンテナンス作業が終了した後は新しい時計油とパッキンでムーブメントを保護し、オイスターケース内へと慎重にムーブメントをおさめます。組みあがったロレックスは防水チェックや厳密な時刻合わせが行われ、正規代理店の保証とともにユーザーの手元へと返却されます。

Copyright © 2017 大切なロレックスをオーバーホールすればずっと使える All Rights Reserved.